VICL-63308
2008.12.03 Release
¥3,353 (税込)
ビートルズの「ホワイトアルバム」を意識して作ったというコメントも話題となったSouthern All Stars第1期の集大成。
最新技術を駆使したアレンジと、全ての引出しから色彩を投じたようなサウンドは、日本の音楽シーンで頂点を極めたバンドが、自らの壁を打破するための挑戦としてこのアルバムに全てを注いだことの証ともいえよう。
サザン・オールスターズの時代がこの2枚組のアルバムで頂点を迎えたと感じさせる超大作。レコーディングに費やした時間は1800時間で、ほぼすべての曲に数パターンのバージョンが存在するという。
そしてこの作品をリリースした後、サザンは3年間の活動中止に入り、メンバーそれぞれがソロ活動をスタートさせた。

[Disc.1]
1.Computer Children
2.真昼の情景(このせまい野原いっぱい)
3.古戦場で濡れん坊は昭和のHero
4.愛する女性とのすれ違い
5.死体置場でロマンスを
6.欲しくて欲しくてたまらない
7.Happy Birthday
8.メロディ
9.吉田拓郎の唄
10.鎌倉物語

[Disc.2]
1.顔
2.Bye Bye My Love(U are the one)
3.Brown Cherry
4.Please!
5.星空のビリー・ホリディ
6.最後の日射病
7.夕陽に別れを告げて|メリーゴーランド
8.怪物君の空
9.Long-haired Lady
10.悲しみはメリーゴーランド

当時のレコーディング現場の“原音”であるオリジナルマスターに限りなく忠実な、高音質によるサウンドが蘇り、アーティストが思い描いた“理想のサウンド”を表現した“K2HDマスタリング”によるリマスタリング盤。

HISTORY
最近チェックした商品

該当する商品はありません